【演技のオーディション対策】演技に絶対必要な自分の「個性」とは何か?


本記事の内容はYOUTUBE版でもご覧になれます。文字が苦手な方は「聞くレッスン」をどうぞ。現在、一般公開に先駆け限定公開にて特別公開中です。

グッドアクト!アクガレージ主宰、監督の中村です。


今回みんなに伝えたいのは「個性」とは何か?です。


演技に個性は絶対に必要不可欠であり、最も重要な要素の一つです。これ、めちゃくちゃ重要な事なので、最後までしっかり読んでくださいね。


この記事は、特に演技未経験者・初心者の方にとっては複雑に感じる方が多いかもしれません。言葉の意味を捉えながら読んでいけば理解できますので、ゆっくり落ち着いて読んで下さい。そして繰り返し読むことで理解が深まります。


始めに何で重要なのかをお伝えします。


一つ目は「オーディション対策」に絶対的に必要だからです。


私は自分が監督やプロデュースした映画、企業系の映像制作などのオーディションで数千という俳優を見てきました。その中で、あくまでも演技に着目した点において、良い俳優とそうでない俳優の大きな違いがある事に気付きました。


【外見】と【内面】と【もう一つの個性】を認識している俳優か?


という点です。


【もう一つの個性】は後ほど説明します。また、これは理屈として理解している俳優もいれば、感覚として理解している俳優もいます。前者である場合は確認として、後者である場合は、しっかりと理屈として捉えると確信に繋がるでしょう。そして、演技初心者、未経験者の方は、こういった理屈・理論があるという事を知った上で今後の演技力向上やオーディションに生かして下さい。


二つ目は「演技に根本的に必要」だから