映像作品に出演する価値と意味

アクトガレージ主催トレーナー、監督の中村です。


YOUTUBEショートドラマチャンネルについて


アクトガレージ映像演技ワークショップの魅力は何と言っても、上級コースで行っている短編作品制作です。2019年で10周年を迎えたアクトガレージ映像演技ワークショップで制作してきた短編ドラマは200本を超えました。また、作品をYOUTUBEチャンネル【ショートドラマチャンネル】にアップロード、一般公開することで、沢山の皆様に見て頂ける環境作りをしてきました。


登録者数3400名、総再生回数146万回(2020.2時点)を獲得。


まだまだではありますが、現在では登録者数や再生回数も順調に伸ばす事が出来ています。しかしここまでの道のりは決して簡単なものではありませんでした。現在は短編ドラマ専門のチャンネルを2018年に設立し運営していますが、実は10年も前から作った旧チャンネルの存在があります。(現在も作品を旧チャンネルから新チャンネルへ移行作業途中です)


10年前のYOTUBEは今のような知名度もなく、もちろんユーチューバーは存在しておらず、映像クリエーターが作品をアップし、「どこからでもアクセスして映像を鑑賞する事ができる便利なツール」という位の位置づけでした。


しかし、当時からその画期的なシステムに目をつけ、YOUTUBEを使えば「新人俳優が映像で活躍できるステージ」を作れるかもしれないという期待を胸に短編ドラマ制作に励みました。


旧チャンネルへアップロードをし続けていましたが思うような結果が得られず、YOUTUBEチャンネルの認知を広げていく難しさを痛感しました。ただ、目的は「俳優の現場を作る」事ですので、再生回数や登録者数にこだわらず短編ドラマの制作をし続けました。


アクトガレージが短編ドラマを制作する意味は受講生達を「主要キャストとしてキャスティングできる」事です。


それをTVドラマや映画でかなえる事はとても難しい事です。映像作品へ出演する事の大変さ、難しさ、大きな壁があります。


映像俳優を目指したい人は映像に出演しながら、その演技感覚を養う必要性があります。しかしながら、ほとんどの人は映像作品に出演する事が出来てもエキストラ程度の配役しかされません。もちろんエキストラとして現場に参加する事は最初は意味のある事ですが、それ以上の収穫を得る事はとても難しく、ましてやフリーで活動する俳優なら尚更です。


俳優は誰もが憧れる職業の一つですから、簡単になれるわけがありません。だからこそ夢があります。しかし、その狭き門へ挑戦する環境すら