初級コースの深イイ話 -俳優の演技レッスン-

アクトガレージ映像演技ワークショップ主催トレーナーの中村です。


ここではアクトガレージの初級コースで行っている演技レッスンの意味を解説していきたいと思います。


先に演技を学ぶ順序に関して記事を書きましたのでこちらも読んで頂くと深く理解できるかと思います。→ 演技の学び方 -タマゴが先かニワトリが先か?-


アクトガレージの初級コースはその名前から未経験者や初心者が学ぶ「初級」だと思う方が多いかと思います。しかし、それには少し語弊があります。


実はアクトガレージの初級コースは「応用」なんです。演技を長く続けている経験者でも難しいと言う人がいる位です。


では何故「初級コース」と名付けているかという話をします。


本来は「フリーコース」と言った方がいいのかもしれません。正直に言うと名前を変えようとした事は何度もあります。ただ、体験レッスンを経て、未経験者も初心者も経験者も含めて最初に「初級コース」を受講してもらうので、順序的に「初級」という呼び方をしています。初級コースを経て希望者は中級コース、上級コースという階段を上がっていきます。


初級コースでは、設定の無い台本を受講生に渡し、設定を受講生自らが考え、表現する事を徹底しています。それの難しいと感じる要素は「自分たちで考えて表現する」という点です。アクトガレージのトレーナーは基本的に「演出」をしません。もちろん、受講生が設定の想像に困っている時や迷っている時には当然アドバイスをしながら一緒に考えます。


つまり初級コースで学ぶのは「自己演出」という事になります。


自己演出が難しいのは「正解」がないからです。違う言い方をすれば「正解」を決めるのは自分自身という事です。現場では監督が言う事が「正解」です。だから監督が「OK」と言ってくれれば自分自身が安心できるのです。


自己演出には常に不安が付きまといます。


自分で演技を組み立てる事が出来なければ、現場での「演出」には応えられません。「自己演出」が出来るようになって初めて、監督に対してプレゼンテーションが出来るようにな